歯の治療の時に麻酔なしで大丈夫な医師

私がむちうちになったのは、友人の車の助手席に乗せてもらっている時でした。周りに勧められて初めて鍼灸院へ行き、毎日針を打ってもらいました。

最初は首の筋肉をほぐすため、心地いい暖かさになっているタオルにくるまれたものを首に当てます。ある程度時間が経ったら鍼を打つのですが、鍼は髪の毛よりも細く、先生がツボを見つけてはトントンと鍼を打ち込んでいきます。最初、痛いのかと思っていましたが、全くそんな事はありませんでした。あんなに尖っているものを何本も打ち込まれても平気なのに驚きました。

必要なところへ鍼を打ち込み終わったら、そのまましばらく待ちます。身体を少し動かすと、打ち込まれている鍼の後ろの方から伸びているものがふるふるして、不思議な感覚です。鍼を全部抜いてから、マッサージをし、湿布をしてもらっておしまいです。通っていた鍼灸院では昔ながらの薬草を使った湿布を使っており、サロンパスなどしか見た事がなかったのでとても新鮮でした。

カテゴリー: 鍼灸 パーマリンク